朝日杯FS コースの特徴

【中山競馬場 芝外周り1600m】
朝日杯フューチュリティステークス
 レースコース

スタートは1コーナー横のポケット地点。中山競馬場芝コースの高低差は5.3mと、JRA全10場の中で最も高低差がある。その最高地点がこの1コーナーのところ。2コーナーまで緩やかに下り、さらに外回りコースのバックストレッチで約4.5mの勾配を駆け下りる。最後の直線距離は310mと、中央4場の中では最短。なおかつ、ゴール前には高低差2.4mの急坂がある。なお、仮柵によるコース設定はA、B、Cの3パターン。近年は年明けの1回開催と秋開催でCコースが使用されており、A、Bに比べて逃げ馬の好走確率が高くなっている。

【有利な脚質と枠順】
最初の2コーナーまでの直線距離が240mと短いため、先行争いは激しくなりやすい。なおかつ、その後は下り坂なので序盤から自然とペースアップする。前半3ハロンの平均タイムはクラスによる大きな差はない。その後の中盤~終盤のラップにクラスの差が現れ、勝ち時計の速さにもつながる。スタートからゴールまで一貫して速いラップを追走する能力が求められる。枠順は圧倒的に内枠が有利。幅員が最も広いAコースと、最も狭いCコースでもその傾向は変わらない。2コーナーまでの距離が短いことが起因し、外枠は常に外々を回らされるデメリットが生じる。内ラチ沿いをピッタリ回りながら、前々に位置し、直線に入ってグイと抜けてくる競馬が、このコースでは正攻法。逃げ・先行馬が有利で、回収率も高い。

【種牡馬成績】
はタイキシャトル、アドマイヤベガ、フジキセキ、ゼンノロブロイなど、ヘイロー系が圧倒的に優勢。割って入るのがキングカメハメハ、キングヘイロー。フレンチデピュティ、メジロライアンも回収率が高い。

【クラス別水準ラップ(3F-2F-3F)と勝ち時計】
2歳OP特別・重賞(34.9-24.2-35.6=1.34.7)
3歳以上500万(35.3-23.6-35.9=1.34.8)
3歳以上1000万(35.1-23.9-35.3=1.34.3)
3歳以上準OP・OP特別(35.0-23.6-35.3=1.33.9)
3歳以上重賞(34.7-23.3-35.6=1.33.6)

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

公開日:
最終更新日:2012/09/02