2012年 第48回 京王杯2歳ステークス レース後のコメント

      2016/10/25

東京11Rの京王杯2歳ステークス(2歳GII・芝1400m)は、5番人気エーシントップ(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒2。3/4馬身差の2着に7番人気ラブリーデイが、1馬身半差の3着に8番人気カオスモスがそれぞれ入線。

エーシントップは栗東・西園正都厩舎の2歳牡馬で、父Tale of the Cat、母Ecology(母の父Unbridled's Song)。通算成績は3戦3勝となった。

【2012年 京王杯2歳ステークス レース後のコメント】

1着 エーシントップ 浜中俊騎手
「調教のときから具合がよかったです。テンションが高くなる馬ですが、今日は落ち着いていたのが、いい結果につながりました。行く馬がいなければ行ってもいいと思っていましたが、行く馬がいたので控えて競馬をしました。いい内容だったと思います。直線では手応え通りに反応してくれて、力強い走りでした。スピードはこの世代ではトップクラスですし、今日はメンタルのコントロールもきいたので、楽しみが広がります。次はGIになると思いますが、いい競馬をしてくれたので、次も期待できると思います」

2着 ラブリーデイ 川田将雅騎手
「内でスムーズに流れに乗れました。西園厩舎の2頭が前に行って、ペースが遅くなるのはわかっていました。道中はいいところにつけられましたし、ゴール前もしっかり伸びています。1400mにも対応できましたし、よくがんばってくれました」

4着 タイセイドリーム 石橋脩騎手
「調教師から、行き出しが鈍いと言われていたので、いつでも動けるようにはしていました。ただ、もう少し前の位置、川田騎手の後ろぐらいの位置取りだったら、もっとスムーズに行けたかもしれません。先々が楽しみな馬です」

5着 ノウレッジ 蛯名正義騎手
「バテてないけど、伸び切れませんでした。1400mは少し忙しいかもしれません」

8着 マイネルエテルネル 和田竜二騎手
「今日はスタートがよすぎて、1頭になってからはずっとモタれて走っていました」

9着 テイエムイナズマ 池添謙一騎手
「スタートのいい馬ではありませんし、今日は流れに乗れませんでした。もう少し距離のあるレースの方がいいと思います」

12着 アットウィル 岩田康誠騎手
「馬は落ち着いていましたし、敗因がわかりません……」

16着 ヴァンフレーシュ I.メンディザバル騎手
「前走は逃げて勝って、その前は追い込んでの勝利。揉まれるのがダメなのでしょうか……。考えられるのはそれくらいですね」

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - 京王杯2歳ステークス , , ,